名古屋校U15・18 4月2日レポート フロントダイビング!! 相手から離れたボールを奪い取れ!!

2022年4月2日(土曜日)

名古屋校U15・18コース

4月最初のトレーニングは体験2名の
34名の選手が参加

新しいスタート!!
公式戦も始まり試合を勝たせる
レギュラーになる!!
トレセンに選ばれたいなど色々な思いがあると思います。

全力でサポートします!!
また1年間よろしくお願いします。

今日のテーマは「1対1」
のシチュエーションからスペースを守るフロントダイビングをトレーニングライン突破された状況、相手からボールが離れたチャンスは逃さない
1対1の絶対絶命のピンチを救えるキーパーになる

名東高校のフィジカルコーチの体幹トレーニングでウオーミングアップ
パワーポジションなどゴールキーパーに必要な構えの部分まで細かいアドバイス

選手も個人的に色々質問をしているのが見えたので定期的にやりたいと思います

コーディネーションから
ステッピングとキャッチを入れてまずは身体を温めよう

フロントダイビング
コーチが配球したボールと近い距離からのワンステップダイビング
先に動かない
ストレートラインの確認
上からキャッチに行かない
さらに低い姿勢でしっかり腕を伸ばしてキャッチにいく
ボールを奪う意識を持つことが大事

フロントダイビング
相手選手と同時、フロントダイビングでボールを先に奪う
歩数を少なくしてできるだけ早くボールに触る

決して先に動かないように
優先順位として、インターセプトをまずは狙う事を忘れないように
先に動き出すことに注意して、相手とボールの状況をしっかりと観てあくまでも守備側はリアクション

フロントダイビングからのリカバリー
こぼれたボールに対してフロントダイビング
すぐにリカバリーで起き上がり
戻りながらセカンドアクションでゴールを守る

1対1スルーパスの対応からシュートストップ
コーチからのスルーパス
インターセプトでフロントダイビングでボールを奪う
すぐにゴールに戻ってシュートストップ
シュートを優先順位に考えることで構えることのタイミングと質を上げる
スタートポジションを意識

1対1
PAにラインブレイクされた状況
コーチからのスルーパスでスタート
相手の状況をみて
アプローチの速さとシュートに対応するための構えのタイミングを理解する
ただ守りに入るだけではなく積極的な守備にチャレンジしよう

トレーニング動画

もっと上手くなりたい!! 初心者だけど大丈夫? そんな選手のためのGKスクールです。 興味がある方は下のお問い合わせフォームからご連絡を下さい!!

     

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA