名古屋校U15•18 11月13日レポート 幅のあるダイビングを身につけてコースぎりぎりのシュートに食らいつけ‼︎

2021年11月13日(土曜日)

名古屋校U15・18コース

11月最初の名古屋校は21名が参加してくれました
今日は県外の選手も体験で参加

テーマは「グラウンダーのシュートストップ」
シュートストップに身長のハンデは関係ない
正しい動作を身につければ幅のあるダイビングで跳べるようになれる
ダイビングも身体を伸ばして幅を出すために
プレー方向と身体の向きに対して細かくトレーニングしました

サイドステップからのキャッチング
オーバーハンドキャッチ
アンダーハンドキャッチ
ハンドポジションや腰の位置
スタンスの幅が狭くならないステッピングを意識する

ただキャッチングの確認をするだけではなく、特に「準備」構えのタイミングや身体の向きこだわってボールの後ろに身体を運びたい
練習を流れ作業にしないこと

常にシュートがくると意識しながら
オーバーハンドキャッチ
バウンシング
アンダーハンドキャッチ

シュート(グラウンダー)のキャッチングのフォームの確認
ダイビングフォームを作りダイビングができる状況からボールに対して最短距離でアタックする
ボールの止め方は「3点」

コーンバーを利用してシュートストップ(グラウンダー)
プレジャンプからの反動を利用するために踏み込みには段差をつけることでより幅がでる

台から降りる(プレジャンプ)
段差をつけてダイビングまでの姿勢を早く作ることで斜め前に力強いダイビングでシュートにアタックする

最後は最初のトレーニングでもやった「準備」良い場所で構えることを意識してステッピングのスピード、相手選手がシュートを打つ前に構えることを大切にチャンスがあればアングルも狭めるプレー
あとは今日練習した低いシュートにしっかりと対応する

トレーニング動画

もっと上手くなりたい!! 初心者だけど大丈夫? そんな選手のためのGKスクールです。 興味がある方は下のお問い合わせフォームからご連絡を下さい!!

     

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA