春日井校U12 1月17日レポート スタンドゾーンでの構え方とテクニックを身につけて焦らずに守り切る

2022年1月17日(月曜日)

春日井校U12コース

今年度最初の春日井校のトレーニング
22名が参加

テーマ
「PA内でのシュートストップ」
PA内でシュートをうたれるシチュエーションでゾーンとポジショニングの確認
ゾーンに分けて1対1で必要な技術は何なのか状況判断とプレイ中での技術の選択を間違えないように

サイドステップ・クロスステップの移動から
オーバーハンドキャッチ・アンダーハンドキャッチ

ハードルをジャンプ
着地の基本姿勢をキープ
身体がスムーズに動けるように頭も使いながら1つ1つのステップを大事に

ローリングダウン
ダイビング
前回のトレーニングでローリング・ダイビングのプレー方向や着地の部分が気になったのでダイビングフォームと重心のいちの確認

ゾーンとポジショニングの理解
ペナルティーエリア内を3つのゾーンに分けて考える

ゾーン1 スタンドゾーン
ゾーン2 ローリングゾーン
ゾーン3 ダイビングゾーン

ポジショニング
ゴールキーパーのポジショニングの基準はゴールの中心とボールを結んだ線上(リトリートライン)に立つ
 
ゾーンに合わせたテクニック
ゾーン1
・フットセーブ
・ハンドセーブ

ハンドセーブ
膝立の状態〜基本姿勢の状態から片手で弾く
手の位置と手の出し方を意識して

フットセーブ
膝立ちの状態〜基本姿勢の状態から足で弾く
身体の軸を崩さないように後傾しすぎないし前傾しすぎない
身体の柔軟性がないと守備範囲がせまくなる

ゾーン1 スタンドゾーンでのシュートストップ
守る幅は約2m
倒れる必要はない
重心の位置と横パスを意識してのポジショニング、手の位置にも注意したい
相手のタッチが大きい場合はチャンスがあればインターセプトも狙うことを忘れない

ゾーン1でのシュートストップ〜移動してゴール正面から(ゾーン3)のシュートを止める
正しい最短距離の移動から構えるタイミングを大切に
正しいポジションに立つためにニアポストをみるようにしよう

トレーニング動画

もっと上手くなりたい!! 初心者だけど大丈夫? そんな選手のためのGKスクールです。 興味がある方は下のお問い合わせフォームからご連絡を下さい!!

     

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA