瀬戸校U12 1月14日レポート 正しいポジションに立つ‼︎準備ができなければシュートは止められない‼︎

2022年1月14日(金曜日)

瀬戸校U12コース

体験1名・15名の選手が参加

今日のテーマは「ポジショニング」
いくらシュートストップのテクニックが向上してもポジショニングがずれてしまってはシュートは止めることができません。
正しいポジションで構えることを目標にしよう。

まずは鬼ごっこでウォーミングアップ

グループでプレジャンプのタイミングを合わせる
どのタイミングで足がついていないといけないか確認

キャッチング
両足ジャンプでバーを越えて着地がプレジャンプ
身体を運んでオーバーハンドキャッチ•アンダーハンドキャッチ

ハードルを利用してのローリングダウン
足を前に踏み込めていない選手が多かったので、着地プレジャンプからプレー方向
の足を踏み込んでローリングができるように
ボールに身体を運べるように守備範囲も広がるのでぜひ覚えてほしい

低学年の選手は関節を地面にあてないように正対することで身体の横で着地
下から順番につくことも忘れない
斜め前に後からでいいのでまずは倒れることを覚えよう

ポジショニング
ゴールキーパーの立つ位置はゴールの中心とボールを結んだ線上に立つ
この線上のことをリトリートラインといいます

ゴールにロープをつけて立体的にシュートコースををみてもらう
ゴールキーパーは頭の上をやられないギリギリまで前にでることでシュートコースを狭めることを考える

ボールの移動に合わせて移動してしまうとファーサイドがあいてしまう
ポジショニングの微調整、身体の向きを変えることで正しいポジショニングに立てることを理解しよう

シュートストップ
ゴールの中央からボールを動かしてシュート
ゴールキーパーはポジショニング修正をして対応する
シュートを打たれる前に構える→プレジャンプをすることを忘れない

ゾーンとポジショニングの理解
ペナルティーエリア内を3つのゾーンに分けて考える
ロープを使って立体的にゴールキーパーの守備範囲をみる

ゾーン
色々な呼び方はありますが、わかりやすい名前で
ゾーン1 スタンドゾーン
ゾーン2 ローリングゾーン
ゾーン3 ダイビングゾーン
 
ゾーンに合わせたテクニックを今日はゾーン1でのシュートストップは?
ミニボールを使いスタンドゾーンからのシュートに対応してみよう
簡単に倒れない

ポジショニング修正からシュートストップ
パスの移動中にポジション修正
今日やった身体の向きを変えて移動しすぎないように
ポジショニングがずれても仕方ない
どうすれば何か目安になるものは?
何度も失敗して正しいポジショニングを覚えよう

トレーニング動画

もっと上手くなりたい!! 初心者だけど大丈夫? そんな選手のためのGKスクールです。 興味がある方は下のお問い合わせフォームからご連絡を下さい!!

     

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA