春日井校U12 8月1日レポート 1対1の駆け引き シュートギリギリまで我慢ができるか?

2022年8月1日(月曜日)

春日井校U12コース

8月最初の春日井校は19名が参加

テーマは「ブロッキング」
相手選手との間合いのつめ方と構えるタイミングとフォームを身につける
ただ突っ込んでいってしまうことが小学生にはよくあります。
当てられて守るのではなく相手とボールの状況を観て判断ができるゴールキーパーになろう

フロントペダル
相手選手との間合いをつめるためにステッピングのスタートと構えるをトレーニング

無駄のない動きで素早く間合いをつめれるように何度も繰り返す
止まる時はラダーステップ
低い姿勢を作ることと同時に手のひらを前に向けることを忘れない

キャッチングの確認
オーバーハンドキャッチ
アンダーハンドキャッチ

アンダーハンドキャッチはボールのスピードや状況に合わせてテクニックを変える

スタンディングブロック
かかと・つま先・手の向きなど細かいところまで意識して

アプローチから構え→スタンディングブロック
配球の間にアプローチ
相手選手どの距離感をつめて低い構えでシュートに対して準備をする

良い距離感までよせれることができたらその場でスタンディングブロックでシュートストップ

1対1
優先順位は、まずはインターセプト
シュートコースを消すために前に出る
構えるタイミング
ブロッキングなのかドリブルに対応するのかプレーの判断は一瞬後手後手にならないように

アプローチの質も変えていかないとせっかくスタンディングブロックのフォームが良くても止めることはできない

1対1
PA内に侵入からの1対1
アプローチとシュートに対して構えることシュートが第一優先で考えてプレーしよう

とにかく1対1の対応は動かない!!
間合いをつめてもシュートコースをあけてしまったらシュートを止めることはできない

トレーニング動画

もっと上手くなりたい!! 初心者だけど大丈夫? そんな選手のためのGKスクールです。 興味がある方は下のお問い合わせフォームからご連絡を下さい!!

     

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA