春日井校U15•18 11月21日レポート 正確なキャッチングから攻撃の起点に

2021年11月21日(日曜日)

春日井校U15・18コース

明日からテストの選手が多いなか
16名の選手が参加
ありがとうございます

今日のテーマは「ゴールキーパーの攻撃参加」   近年のゴールキーパーは海外ならエデルソン選手や日本人選手ならシュミットダニエル選手のように足元の技術も高く攻撃でも貢献できる選手も多いです。
ゴールを守るだけではなく、攻撃でも活躍できるキーパーになるためには、何が必要なのか?

キーパーだけのスクールだからこそフィールドもやりながらみんなで共有したい

アップは3グループの
コーディネーションから

ボールをキャッチした後にどれだけ早く守備から攻撃に切り替えれるかでチームの起点になるかが決まります

そのためには正確なボールを投げるために正確なキャッチングが大事になる

キャッチした後にはすぐに身体を半身にする動作をスムーズにすることで早くボールを投げられるようになる

最近攻撃的なキーパーが増えたことやビルドアップの重要性が増してきましたが、GKの守備面のシュートストップなど点をとられないことに対してもトレーニングで改善していきます

攻撃に参加するためにはまずシュートをキャッチ止めなくてはダメ

攻撃に関わりたいキーパーになるためには、まずゴールをしっかり守れるようにトレーニングしなければいけない!!

ダイビング
攻撃だけではなく守備面の練習
昨日の名古屋校と同じく広い範囲を守るためにダイビングのトレーニング

ダイビングの幅を出す動作をしっかり理解して

踏み込み足のパワーだけで跳ぶのではなく全身を大きく使うことで広い範囲をカバーできるように

4対4+フリーマン4+GK
ボールを配球する時には優先順位がある

一番は裏のスペースや相手ゴールに近い選手にパス
もちろん近くにいる味方にパスしてボールを失わないことも大事

遠くにボールを正確にスローイングやキックでつなげる技術が必要

ゲームの状況を観て判断して優先順位を考えながら配球しよう

トレーニング動画

もっと上手くなりたい!! 初心者だけど大丈夫? そんな選手のためのGKスクールです。 興味がある方は下のお問い合わせフォームからご連絡を下さい!!

     

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA