名古屋校U15・18 10月2日レポート グラウンダーのシュートを止めるテクニックを増やそう

2021年10月2日(土曜日)

名古屋校U15・18コース

緊急事態宣言から1ヶ月ぶりに開催できました
でもテスト期間、ワクチン接種など半数が参加できませんでした
でも20名の選手が参加👍

今日のテーマ「ストッピング」「ボールロック」グラウンダーのシュートに対して状況に合わせて技術を使うことができるか。選手の技術の引き出しを広げるために身に着けておきたいテクニックです。

4グループでのアップ
ステッピングから
オーバーハンドキャッチ
アンダーハンドキャッチ

スタンスが狭いと腰が高い位置になるので移動からキャッチングまでにファンブルをする可能性が高くなってしまう

ストッピング
シュートが速くて手を迎えにいくことが難しい場面で手を真下に落として壁を作ることで自分のプレーエリアにボールを止める

選手がスクリーンになって反応が遅れてしまうシチュエーションを作る
ゴールキーパーもポジション修正から準備が遅れる状況でのストッピング

ボールロック                   シュートを止める時に上の手でボールを押さえるそれと同時にアンダーハンドはボールが抜けないように伸ばす

グラウンダー•ライナーでトレーニング必ず3点でボールを押さえることは変わらない

    

リカバリーからのダイビング
同方向
起き上がりを正しい動作で無駄な動きがないのか確認

足の回転を早く
同方向への起き上がりからダイビングまでを素早くする
起き上がりの動作の順番を間違えると上手くいかないので
もう一度確認をしよう

連続シュートストップ
1度シュートを弾いても起き上がりから連続でシュートを止めるゴールキーパーになろう

一本目は際どいグラウンダーのシュート
状況をみてシチュエーションに合った起き上がりかたでリカバリー
絶対にゴールをわらせない気持ちのあるプレーを沢山みることができました

トレーニング動画

もっと上手くなりたい!! 初心者だけど大丈夫? そんな選手のためのGKスクールです。 興味がある方は下のお問い合わせフォームからご連絡を下さい!!

     

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA