名古屋校U12 8月18日レポート 待つ1対1 至近距離からシュート当てられるのではなく当てにいく

2021年8月18日(水曜日)

名古屋校U12コース

8月最後の名古屋校
連日雨が降り不安定な天気の中で27名の選手が参加してくれました

今日のテーマは
「ブレイクアウェイ」のシチュエーションの中から1対1の対応
「待つ」状況での至近距離からのシュートストップやフロントダイビングでボールを奪う

まずはアップからコーディネーションからのダッシュ〜ピックアップ
ハードルジャンプからボールがでるまでしっかりステイできるか?
動き出しの一歩目はどちらか
そこを意識するだけどスピードが変わる

 
フロントダイビング
ダイビングフォームの確認🤔 身体の向きやプレー方向を思い出す

ステッピングからのフロントダイビングで歩数と歩幅を意識して最短距離でチャレンジ

フロントダイビング
相手より先にフロントダイビングでボールを奪う
先に動かない

フットセーブ
至近距離からのシュートに対して足を使いシュートストップ
まずはフォームを確認してギリギリまで待つことでシュートを当てられるのではなく当てにいくことでゴールを守る

1対1
4グループで
インターセプトができなかった場合はブロッキングやフットセーブで対応

構えるタイミングを選手にも理解してもらう
身体を大きく見せて相手選手にプレッシャーをかけよう
先に動き出すことに注意して
一歩目の動き出し後ろの足で地面をけることでボールによるスピードを早くする

1対1
コーチからオフェンス側にパスの移動中にGKはどうしなければいけない?
まずはダイレクトシュートに対して構える事を必ず意識する
スターティングポジションの位置を確認
シューターに対してGKがプレッシャーをかけることは大事

シュートコースの幅を狭めるだけではなく相手選手がドリブルやトラップミスなどを狙ってのフロントダイビングにもいけるポジショニングをみつけよう

どのタイミングでアプローチをかけるかシュートを打たれるタイミングで動いていないか?
一つ一つの動作の確認しながら

2対1
ペナ外から相手選手が進入、後ろからDFがきている状況の中で、GKはポジショニングをとり続ける

DFに対してのコーチング
どうしてほしいのかゴールを守るためにしっかりとしたプランニングを一瞬で判断できるようになろう

トレーニング動画

もっと上手くなりたい!! 初心者だけど大丈夫? そんな選手のためのGKスクールです。 興味がある方は下のお問い合わせフォームからご連絡を下さい!!

     

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA